2014.06.16

「ソルミエ」グランドオープンより1か月が経ちました

太陽を意味するラテン語 sol(ソル)と光を意味するフランス語 

lumiere(ルミエール)を由来とし、結婚するふたりの未来が

輝かしいものとなることの願いを込めたチャペル「Solumier(ソルミエ)」の

グランドオープンより1か月が経ちました。

 

大理石の床に映る光の演出で幻想的に見えるバージンロード

高さ10mから降りそそぐ光りのシャワーに浮かび上がる十字架。

白色が放つ厳粛で清らかな祝福に満ちる、調和のとれた美しい曲線の

空間「チャペルSolumier」では、毎週末、多くの新郎新婦様が挙式を

挙げてくださっています。

これも皆様のおかげと深く感謝いたしております。

 

solumier_right-thumb-autox420-7623.jpg

 

また、昨日はまだ形として目に見えない工事中のソルミエに、ご予約いただいた

皆様をお招きしての、第2回「ソルミエオープニングフェア」も開催させて

いただきました。2014ミスユニバースジャパン静岡代表の岩崎ひかり様と

横井匠様がご新郎新婦役となられての模擬挙式やトークショー&ランチ

パーティーでご参加くださった皆様は、大切な日を楽しみに待ちわびて

くださっていました。私たちも、皆様の特別な思いが詰まった日のお手伝いを

させていただくことに感謝し、挙式当日も精一杯務めさせていただきたいと

思っています。

 

そんな皆様に愛していただいているソルミエには、1世紀以上に渡り

途切れることの無い繋がりを感じる物語があります。 弊社は、1889(明治22)年

創業者 室伏清五郎が東海道三島宿の老舗「さがみや」を引き継ぎ「東海客舎

菱屋旅館」として創業いたしました。その時には当時としては珍しい西洋館が

敷地内に離れ座敷としてありました。

 

洋館-thumb-autox249-7629.jpg  東海客舎菱屋旅館-thumb-300xauto-7625.jpg

 

ウイン-thumb-autox387-7627.jpgそして1904(明治37)年にアメリカ

ダッチ・リホームド教会から、ひとりの

女性伝道師が三島に派遣されてきました。

彼女の名は、Miss M.Leila Winn

(ミス・メアリー・ライラ・ウィン)。

彼女は、1908(明治41)年より5年間

この西洋館に住み、そこでバイブル

クラスを行い、三島と伊豆地方の

布教活動に励みました。

 

 そのバイブルクラスに通っていたのが、小出正吾少年です。

 

三島市が誇る日本児童文学者の小出正吾氏は、ミス・ライラの薫陶を

受け、キリスト教信者となりました。著書「古い絵本」には、当時小学2年生の

小出氏がミス・ライラから、手作りのクリスマスプレゼントを受け取った時の

話が書かれています。また1975(昭和50)年に、第13回野間児童文芸賞を

「ジンタの音」で受賞し、その副賞を市に寄付されました。それを基に購入した

自動車「ジンタ号」は、”動く図書館”として親しまれています。1990年までの

人生において、世界を駆け回り、メルヘンの世界を子どもとキリスト教とふるさとを

架橋として、人間愛を基軸に描き続けた小出正吾氏に、ライラが大きく影響した

ことは、言うに及ばぬことだと思っています。

 

多くの人々に影響を与えた素晴らしき宣教師であったミス・ライラが、キリスト教

布教活動の拠点として選んだこの場所に、チャペルを創建させていただけた

ことに、改めて御礼申し上げます。

 

ソルミエは挙式のみならず、地域の皆様にお役にたてるような空間として

イベントなども今後予定しております。

ぜひ、機会がありましたら足を運んでいただけると幸いです。

8月中旬までチャペル横の付帯施設の工事のため、今しばらく皆様には

ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、これからも「チャペルソルミエ」を

どうぞよろしくお願い申し上げます。