2014.06.30

チャペル ソルミエオープン記念 チャリティーコンサート 動読と音楽の夕べ「ジンタの音」のご案内

文化事業部からのご案内です。

 

弊社創業者 室伏清五郎が東海道三島宿の老舗「さがみや」を引き継ぎ

「東海客舎菱屋旅館」として1889(明治22)年に創業した時には、敷地内に

離れ座敷としての西洋館がありました。その後、アメリカ ダッチ・リホームド

教会からひとりの女性伝道師 Miss M.Leila Winn(ミス・メアリー・ライラ・

ウィン)が三島に派遣されてきました。

 

彼女は、5年間、この西洋館に住み、そこでバイブルクラスを行い、三島と

伊豆地方の布教活動に励みました。そのバイブルクラスに通っていたのが、

小出正吾少年です。彼は、ミス・ライラの薫陶を受け、中学時代に受礼し、

キリスト教信者となりました。

 

三島市が誇る日本児童文学者の小出正吾氏は、1975(昭和50)年に

第13回野間児童文芸賞を「ジンタの音」で受賞しその副賞を市に寄付

されました。それを基に購入した自動車「ジンタ号」は”動く図書館”として

親しまれています。

そのおふたりを結んだ西洋館が弊社に存在したことは、かけがえのない

私どもの誇りでもあります。

 

そして、1世紀以上もの時を経て、同じ場所に先月「Solumier(ソルミエ)」を

オープンさせていただき、オープン以来、多くの新郎新婦様が挙式を挙げて

くださっています。

 

そこで、来る7月7日(月)七夕の夕べに、SPAC静岡県舞台芸術センターの

俳優 奧野晃士様動読、ピアノ 山下有子様、サックス 原 宏志 様、 ヴァイ

オリン 野田和彦様、ドラム 瀬川幸信様 による 【チャペル ソルミエオープン

記念 チャリティーコンサート 動読と音楽の夕べ「ジンタの音」】 を開催させて

いただきます。

 

charity201407_1.jpg今回は、小出正吾児童文学顕彰会様・

SPAC 静岡県舞台芸術センター様の

ご共催、三島市様・三島市教育委員会

様のご後援をいただき、弊社主催の

チャリティーコンサートとなります。

 

ショパン 前奏曲より「雨だれ」、Aroco

恋する気分が高まる音楽「ためらいの

ロンド」、美しき天然ZOO–愛をください–

などの曲目も演奏されます。

 

 

solumier_right-thumb-autox420-7623.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像開場は18:00  開演は18:30となります。

 

1990年までの人生において、世界を

駆け回り、メルヘンの世界を子どもと

キリスト教とふるさとを架橋として

人間愛を基軸に描き続けた小出氏の

名作「ジンタの音」の動読と音楽の夕べを

高さ10メートルから降り注ぐ光のシャワー、

一面に敷き詰められた大理石、

生命の息吹を感じるウォールナット、

調和のとれた美しい曲線の空間

「ソルミエ」で、お楽しみいただければ

幸いと存じます。

 

チケットは1,000円で全額を「小出正吾児童文学顕彰会」様へ寄付させて

いただきます。

お問い合わせ・お申し込みは、弊社ホテルフロント TEL 055-972-2121および

小出正吾児童文学顕彰会 事務局様 TEL 055-975-1758 で承っております。

 

皆様のご来場をお待ちいたしております。

併せて http://www.mishimaph.co.jp/event/2014/07/0707.php もご覧ください。