2014.12.31

良いお年をお迎えください

本年もひとかたならぬご愛顧を賜り、誠に有難うございました。

おかげさまで、多くのお客様にお越しいただき、今年も皆様のお慶びの日

お手伝いをさせていただく事ができました。厚く御礼申し上げます。

 

 

加えて、本年、長年の構想であったチャペルを誕生させていただくことが

できたのも、皆様のおかげと重ねて御礼申し上げます。

 

昨年9月の地鎮祭に始まり、本年5月にオープンしたチャペル

「Solumier (ソルミエ)」の名前は、太陽を意味するラテン語soi(ソル) と

lumiere  (ルミエール)を由来とし、結婚するおふたりの未来が、

光輝くようにとの願いを込めさせていただきました。

 

また、弊社創業者 室伏清五郎が東海道三島宿の老舗「さがみや」を

引き継ぎ「東海客舎菱屋旅館」として1889(明治22)年に創業した時には、

敷地内に離れ座敷としての西洋館があり、アメリカ ダッチ・リホームド教会の

女性伝道師 Miss M.Leila Winn(ミス・メアリー・ライラ・ウィン)が、ここに

住み三島・伊豆地域の布教活動を行っていました。

三島市が誇る日本児童文学者の小出正吾氏も彼女の日曜学校に通い、

多大な影響を受け、後に洗礼をされていらっしゃいます。

 

そのおふたりを結んだ西洋館が弊社に存在したことは、私どものかけがえの

ない誇りでもあり、1世紀以上もの時を経て、同じ場所に「Solumier(ソルミエ)」を

オープンさせていただくことができ、大変有難く感じ入っております。

 

高さ10メートルから降り注ぐ光のシャワー、一面に敷き詰められた大理石、

生命の息吹を感じるウォールナット、調和のとれた美しい曲線の空間

ソルミエでは、オープン以来、多くの新郎新婦様が挙式を挙げてくださって

いるばかりか、数多くのチャリティーコンサートが開催されております。

 

 

改めて、多くの皆様に支えられて、精進させていただくことができましたことを

厚くお礼申し上げます。

 


IMG_2139.JPG

 

 

そして、本年も福島光加様とザ・モーリス 専属フローリスト フローリスト

花咲様による門松オブジェも、さきほど完成し、来年も皆様を笑顔とおもてなしで

お迎えさせていただく準備が整いました。

 

 

フロント、予約室、ザ・モーリス、ギャラリープラザは通常通り、カフェレストラン

セゾンは元日 11時30分より営業させていただきます。また、大社の杜内の

「メイシー」は、本日は21:00から26:00まで、 元日は、12:00から営業させて

いただきます。

 

来年も、引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

皆様、どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。