2015.02.17

「盲導犬支援チャリティーコンサート –行きたいときに、行ける街へ– Stayle3コンサート」開催のご案内

文化事業部からのご案内です。

 

2月23日(月)、チャペル「ソルミエ」に於いて、三島西ロータリークラブ様ご主催

弊社後援による[盲導犬支援チャリティーコンサート–行きたいときに、行ける街へ

– Stayle3コンサート」が開催されます。

開場17時15分、開演17時30分からで、一部は盲導犬のお話し&デモンスト

レーション、二部は「Style3」コンサートとなります。

 

 

solumier_right-thumb-autox420-7623.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像style-3!(スタイルスリー)様は

神奈川県、とくに川崎市を中心に

活動するポップインストユニットで、

演奏ジャンルは多岐に渡り、

熱いラテン調のものから明るい

ポップなもの、クラシック、バラード、

ロックなどあらゆるジャンルを

取り入れ、老若男女が聴きやすく

楽しめる楽曲を心がけ、 幅広い

層に支持されていらっしゃいます。

 

 

 

charity201502_2.jpg《 style-3! 》

・高嶋英輔(バイオリンおよび作曲担当)

ギターの先生であった父の影響を受け、

5歳の頃から音楽を始めるが、父とは

違う道を選びたいと初期の頃から

バイオリンの道を目指す。大学では

大学オケのコンサートマスターを経験。

大学卒業後、司法書士事務所に就職

するが次第に「本気で音楽をやって

いきたい」との考えが強まり、音楽一筋の

道を選んで現在に至る。

 

・長澤伴彦(コントラバス担当)

中学と高校でクラシックギター部に所属。ベースパートを支え、毎年のように

全日本ギターコンクールで入賞を果たしていた。大学では大学オケのパート

トップを経験。卒業後、大学時代の友人であった高嶋とバンドを結成する。

ジャンプやブリッジをする高嶋と共に、コントラバスを回しながらの演奏、

蹴り上げての演奏、またがっての演奏などもよく行われる。

 

・堀江沙知(ピアノ担当)

3歳からピアノを始める。映画のCGデザイナーを目指して千葉大学デザイン

工学科に入学したが、在学中に音楽理論を勉強し、大学卒業後に深井克則、

林正樹に師事。

このような経緯から、大学在学中には手指の障害を抱える人を対象とした

楽器演奏補助具のデザインを考えるなど、音楽演奏者として以外の視点も

持ち合わせている。

 

 

高さ10メートルから降り注ぐ光のシャワー、大理石が一面に敷き詰められた

チャペル「ソルミエ」で「愛の挨拶」「花雷」 「現在・過去・未来(アジア交流音楽)」

「カノン」「ラ・カンパネルラ」などが、独特なパフォーマンスと躍動感あふれる

演奏が繰り広げられます。

 

 

コンサートチケットは2,000円で、チケットの収益は「日本盲導犬協会  富士

ハーネス」様へ寄付させていただきます。

 

併せて

http://www.mishimaph.co.jp/event/2015/02/0223.php もご覧くださいませ。

お問い合わせ・お申し込みは、ホテルフロント TEL 055-972-2121にて

承っております。

 

皆様のお越しをお待ちいたしております。