2015.10.27

「プラハ・スピリット・クインテット コンサート — 弦楽の国チェコの選りすぐりの演奏者たちによる弦楽五重奏の夕べ–」が開催されました

文化事業部からのご報告です。

 

昨日10月26日(月)、プラハの風の音楽会様ご主催、 弊社後援による

「プラハ・スピリット・クインテット コンサート — 弦楽の国チェコの選りすぐりの

演奏者たちによる弦楽五重奏の夕べ–」が,ソルミエで開催されました。

 

 

DSC01141.JPG

 

DSC01145.JPGご出演のプラハ・スピリット・

クインテット様はチェコ国立の

弦楽五重奏団として発足。

25年以上の歴史をもつ、

チェコを代表する演奏家たちに

よるユニットです。

 

 

・ヴァイオリン  Lubomir HAVLAK(ルボミール・ハヴラーク)様

・ヴァイオリン  Karel VIDIMSKY(カレル・ヴィディムスキー)様

・ヴィオラ     iri RAJNIS(イジー・ライニッシュ)様

・チェロ      Marie HIXOVA(マリー・ヒクソーヴァ)様

・コントラバス  Jiri ROHAN(イジー・ローハン)様 で

 

「ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 10番16番」 「スメタナ:モルダウ」

「クライスラー:トロイメライ」「バーンスタイン:ウェストサイド物語より」

「ピアツォラ:オブリヴィオン/ ミロンガ」「イジェック:ブガティ ステップ」

「ガーシュウィン:アイ ゴット リズム/ザ マン アイ ラヴ」「バカラック :雨に歌えば」

「ビートルズ:ミッシェル」「コールポルタ―:ツゥー ダーン ホット」を

演奏してくださいました。

 

 

DSC011.JPG

 

 

皆様、お馴染みの懐かしい曲に、当時を思い出したかのようで、弦楽の国

チェコの選りすぐりの演奏家たちの奏でる弦楽五重奏に、魅了されて

いらっしゃいました。

 

拍手は鳴り止まず、3回ものアンコールにも、快く応じてくださり「もみじ」

「花は咲く」「富士山」の邦楽を披露してくださいました。

 

 

DSC01172.JPG

 

 

DSC01177.JPGチケットの収益113,000円は、「社会福祉

法人インクルふじ」様へへ寄付させて

いただきました。

社会福祉法人インクルふじは、平成16年

1月に重度の障がい児(者)をもつ親たちの

努力によって生まれ、平成16年4月からは

富士市にて、生活介護事業所『でら?と』を

平成21年4月からは富士宮市にて生活介護事業所『らぽ?と』を運営されています。

 

DSC01180.JPG常に親たちの想いと行動を支えたのは、「どんなに

重い障がいを持っていても、本人もその親も

普通に生活できる社会をつくっていきたい」と言う

あたりまえの願いでした。

その願いは法人の基本理念「普通に生きる」へと

つながっています。

現在、社会福祉法人インクルふじを支える役員・

親・スタッフはこの理念のもと、地域の障がい者

福祉の拠点となる活動をされていらっしゃいます。

 

収支明細は

http://www.mishimaph.co.jp/event/2015/10/1026.php に記載してござい

ます。併せて、ご覧くださいませ。

 

皆様のご来場、ご協力、誠にありがとうございました。

 

 

DSC01188.JPG