2015.12.7

「コンチェルト ゼフィロ コンサート イタリア1600年 ”マドリガーレとバレット”」が開催されました

文化事業部からのご報告です。

 

昨日12月6日(日)、「ソルミエ」に於いて、コンチェルト ゼフィロ様ご主催、

やまがた楽器店様・すみやグッディ様ご協賛、弊社後援による「コンチェルト

ゼフィロ コンサート  イタリア1600年 "マドリガーレとバレット"」が開催され

ました。

 

DSC00168.JPGコンチェルト ゼフィロ(Concerto

Zefiro)様は、1951 年に杉山

一郎氏により「みどり会合唱団」と

して創立され、その後、市川行洋様の

音楽監督・指揮によりルネッサンスや

初期バロックの声楽曲をアカペラ、

あるいは通奏低音付きで歌う専門的な

ヴォーカルアンサンブルとなりました。

 

現在は、音楽監督・指揮の市川行洋様を

はじめ、声楽:服部礼子様・和部幸代様・

大江智子様・本山まどか様・井村幸枝様・

真鍋 匡様・大江啓俊様 、リコーダーの

石和美和様、リュートの西野潤一様、

オルガン・チェンバロの杉山佳代様の皆様で活躍されていらっしゃいます。

 

 

 

DSC00181.JPG

 

 

             DSC00154.JPG

 

 

DSC00184.JPGのサムネイル画像ルネッサンスや初期バロックの声楽曲

「モンテヴェルディ:マドリガーレ」

「シュッツ:イタリア語によるマドリガーレ」

「モンテヴェルディ:バレット」

「ガストルディ:バレット」などの曲目を

アカペラや通奏低音付きでご披露

してくださいました。

 

ギリシャから取り寄せた大理石が

印象的な「ソルミエ」での、コンサートは

「コンチェルト ゼフィロ」様の名前の

由来となった”ギリシャ神話の西風の神でヨーロッパに春の訪れを告げる爽やかな

西風で、ペトラルカのソネット「Zefiro Torna」からのゼフィロ”とも重なり、荘厳の

なかにも、穏やかな雰囲気が漂っていました。

 

多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。