2016.09.20

『ジョイントコンサート「花」 〜音楽の花束をあなたに〜』が開催されました

文化事業部からのご報告です。

 

9月19日(月)、花実行委員会様ご主催、弊社後援による『ジョイントコンサート

「花」 〜音楽の花束をあなたに〜』が、弊社2F フレンチ・シンプルモダンの

デザイナーズホール「プロヴァンスの九月」で開催されました。

 

今回のコンサートは、さまざまな分野で活躍をされていらっしゃる女性音楽家

5名様による多彩な組み合わせが楽しみなコンサートです。

 

 

IMG_7053S_1.jpg

 

 

コンサートは、中村友紀様のフルートと柏木恵美子様のピアノのジョイント

から始まりました。中村様は、3種類のフルート(フルート・アルトフルート・

ピッコロ)を使い分け、その音に合う曲を演奏してくださいました。

 

 

IMG_7052S_1.jpgふつうのフルートより少し

大型のアルトフルートは、

フルートより5つ下の音まで

出すことができ、丸みのある

柔らかい音色が特徴です。

 

それに合わせ、中間部に

哀調を帯びた旋律をもち、

清楚で優雅な趣をもっている

グルックの代表的オペラ

「オルフェオとエウリディーチェ」の

中のバレエ曲『精霊の踊り』を・・・。

 

次には、イタリア語で「かわいい」

「小さい」を意味するピッコロは

フルートのちょうど半分の長さで、音域も1オクターブ上の音が出ます。

全管楽器の中で最も高い音を出す楽器ピッコロで、フランス・バロックの作曲家

ラモーのクラブサン曲『タンブーラン』を・・。

音色の違いが、はっきりとわかる曲目に、会場の皆様も驚いていらっしゃるかの

ようでした。

 

 

IMG_7073S_1.jpgピアノソロでは、激しくて難しいと

言われるショパンの『革命の

エチュード』とシューマンのピアノ

曲集「子供の情景」の第7曲

『トロイメライ』を柏木恵美子様は

選曲してくださいました。

 

とてもやさしい情景が浮かびそうな

穏やかな曲の『トロイメライ』が

始まった瞬間、会場の空気が

まったく変わってしまいました。

クラシックと楽器、そして演奏家の

奥深さを、改めて感じ得た演奏

でした。

 

 

 

 

     IMG_7138S_1.jpg

 

            IMG_7114S_1.jpg

 

 

歌の部門はソプラノ・メゾソプラノのデュエット&ソロです。

メゾソプラノは、国立音楽大学声楽科をご卒業の山本由子様、ソプラノは

武蔵野音楽大学声楽科をご卒業の岡部南津子様です。フランス語での

力強い歌声は圧巻でした。

 

 

IMG_7097S_1.jpg

 

 

      IMG_7152S_1.jpg

 

神戸女子学院音楽部ヴァイオリン科をご卒業後、日本弦楽指導者

協会会員として活躍されていらっしゃる吉貝多佳子様のヴァイオリン

演奏後、最後の曲となる『ふるさと』は会場の皆様とご一緒に合唱を

されました。

 

 

IMG_7167S_1.jpg女性音楽家  5名様による

ジョイントコンサートは

サブタイトル「?音楽の花束を

あなたに?」のように、たくさんの

素敵な音楽の花束を会場に

まいてくれました。

 

 

皆様のご来場、誠にありがとうございました。