2018.08.14

短期インターンシップに田方農業高校の学生さんが参加してくださいました

営業支援室からのご報告です。

一般社団法人三島田方法人会青年部会主催、創立30周年記念事業「短期インターンシップ」にご協力させていただきました。

短期インターンシップとは、夏休み期間中地元企業で働きながら与えられた課題に取り組む「職業体験」です。参加学生には、企業の一員として責任をもって働くことが求められます。実際の業務に従事できることで、企業の魅力と郷土に関する正しい知識を身につけることができ、働くことについて具体的なイメージをもつことができます。自己の将来設計に活かしていただく企画です。

今回弊社には田方農業高校の学生さんが参加してくださいました。

学生さんの将来の夢が「パティシエ」と伺っておりましたので、パティスリーでの実務とサービスの研修を中心にさせていただきました。

一日目は、弊社の方針の説明、各部署の説明、そしてパティスリーの業務説明と更に自分で考えたデザインでケーキの作成と初日から盛りだくさんの内容でした。

お花のチョコレートの細工がかわいいケーキが出来上がり、スタッフで試食させていただきました。

二日目は、パン作りとデザートブッフェのケーキ作り。学生さんからは「パン作りは来年から授業でパンを作るので一足先に学ぶことができた」と感想をいただきました。「上手に成型ができなくても、何度も挑戦していることは素晴らしい。」とスタッフも学生さんの意欲に感心しておりました。

 

三日目は、結婚式のウェディングケーキ作成のお手伝いをして頂きました。ウェディングケーキほど大きいケーキはなかなか作ることができないので楽しんで作っておりました。

四日目は、レストランのホールで接客を学びました。接客のマナーやセッティングの仕方などをレクチャーし、実践しました。スタッフとも笑顔でコミュニケーションが取れていて楽しく学ぶことができたようです。

今回の研修報告の中で学生さんより(自分から意欲的に行動するようになった。自分の作ったものを食べて頂く喜びを感じた。)とありました。非日常な毎日を送り体験していただいたこの経験が、社会人になる時や次のステージに進む時に、少しでもお役に立っていただければ幸いと思っております。

研修を通して仕事や日常会話などを通じ、弊社スタッフも仕事だけでなくコミュニケーションからお互いに学びあえる期間だととらえ最善を尽くし学生さんをお受けしております。