2019.05.3

「ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ 異次元の現代音楽祭 in 三島」が開催中です

文化事業部からのご報告です。

只今、ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ実行委員会様ご主催、弊社協賛の「ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ(MCMD)」が開催中です。

MCMD4日目の4月30日(火)は、チャペル「ソルミエ」にてウクライナの新生ダナプリス弦楽四重奏団様が、日本初演曲をはじめ、ベートーヴェン「ラズモフスキー第2番」など一糸乱れぬドラマチックなアンサンブルを披露してくださいました。

MCMD5日目の5月1日(水)は、現在のヨーロッパ・ギターシーンで最も注目すべきギター奏者の1人、フランシスコ・モライシュ・フランコ様による、感性にあふれたテクニカルなギターソロコンサートが行われました。ギターならではの、繊細で心地よい音色に会場は包まれました。

新しい音の世界を体験できる異次元の音楽祭「ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ(MCMD)」は5月5日まで開催しております。普段、なかなか触れることのできないヨーロッパの現代音楽をお楽しみください。

皆様のお越しをお待ちいたしております。