2019.05.7

「ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ 異次元の現代音楽祭 in 三島」が閉幕いたしました

文化事業部からのご報告です。

 4月27日(土)から5月5日(日)に開催しておりましたミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ実行委員会様ご主催、弊社協賛の「ミシマ・コンテンポラリー・ミュージック・デイズ(MCMD)」が閉幕いたしました。

 5月3日(金)には弊社チャペル「ソルミエ」ロビーにて「久保田徳子 リラクゼーションハープコンサート」が開催され、多くの方がお越しくださいました。

ハープが持つ美しい音色の揺らめきや響きには心身を癒す力があるといわれています。久保田様はハープに関する解説や「トロイメライ」、即興曲などを演奏してくださいました。

煌めくような音色と”間”、流れるような優しい旋律に包みこまれた会場で、ハープの持つ癒しの効果をたっぷりと体感いただけたコンサートとなりました。

皆様のご来場、誠にありがとうございました。