2019.05.23

「となりのバルトくん」盲導犬支援チャリティーコンサートが開催されました

文化事業部からのご報告です。 

5月20日(月)、弊社2階リニューアルしたばかりの「プロヴァンスの九月」にて、盲導犬を愛する会様ご主催、日の出食堂様協賛、弊社後援第208回チャリティーコンサート「となりのバルトくん」盲導犬支援チャリティーコンサートが開催されました。

ロビーでは、盲導犬とのふれあいやデモンストレーションが行われ、ご来場の皆様は実際にハーネスを持ってコミュニケーションをとったり、熱心に質問したりと盲導犬とのふれあいを楽しまれました。

中田こまりさんによる語り芝居「あしたの翼」は、盲導犬候補の子犬(パピー)を育成する事となった小学生「なっちゃん」の苦労と成長の物語。パピーウォーカーの重要性を考えさせられます。

笛のお姉さん柿本春香さんは「糸」や「情熱大陸」などを様々なリコーダーで演奏し会場を大いに盛り上げ、田中みどりさんは二胡奏者のToshiさんとコラボして楽しいトークと元気を届けて下さいました。

チャリティー授与式では、盲導犬を愛する会代表 田辺様から、公益財団法人 日本盲導犬協会 富士ハーネス 池田様へ寄付金が手渡され、池田様より感謝のお言葉をいただきました。

盲導犬の育成は、ボランティアや募金といった多くの方々の支援・協力によって成り立っております。盲導犬や介助犬はまだまだ足りていない現状です。これからもご協力よろしくお願い申し上げます。

収支決算書はこちらのページに掲載いたしておりますので併せて、ご覧くださいませ。

多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。