2019.10.10

みしまプラザホテル 御殿川清掃を行いました。

みしまプラザホテル総務部よりお知らせです。

水の都・三島」、市内にはいくつかの川があります。楽寿園の小浜池の富士山の伏流水による湧水を水源とし、温水池に注ぐ約1.5kmの源兵衛川は、灌漑(かんがい)用水路で、中郷地区の農業用水のために、流路の一部が人工的に作られた川です。川の中を散歩できるように置き石があり、市民や観光客が多数訪れ、子供たちのよい遊び場にもなっています。

また菰池(こもいけ)と白滝公園を源流とする桜川は、三嶋大社西側の祓所(はらいど)神社の脇を通り、南へと流れています。かつては祓所川とも言われていました。川は下流に行くに従って、いくつもの水路に分かれ、二日町、中、中島地区の水田を潤(うるお)す人工の農業用水路です。以前は三嶋大社西側の道路下を通り、県道三島富士線を越えると再び姿を現わし、市役所本館前を勢いよく南下していました。

御殿川の名前は、第三代将軍徳川家光が宿泊するために造ったという御殿の東側を流れていたことに由来しています。先日、みしまプラザホテル東側出口を流れる御殿川をスタッフで清掃しました。

弊社では、20年近く毎週2回、朝の周辺清掃を行っておりますが、ホテル東側出口を流れる御殿川も、毎月1週目の火曜日に、各部署から参加のスタッフで清掃をさせて頂いております。

【弊社の【せせらぎ鰻会席】も三島の川に由来】

2016年、静岡県三島市を流れる源兵衛川の水管理システムが「世界水会議」(本部・フランス)が主催する「世界水遺産」に登録されました。三島市民に愛される地元の川。

お客様や地域の皆さまに、ホテル館内はもちろんのことホテル周辺でも快適にお過ごし頂けるよう、これからもスタッフ皆で三島の水を守っていく川清掃・そして周辺清掃も実行していきます。