2019.10.17

みしまプラザホテル2020年度春入社予定「内定式」を行いました。

みしまプラザホテル 営業支援室からのご報告です。

10月8日(火曜日)2020年春入社予定者「内定式」を行いました。

冒頭社長より、「知らないことばかりで、不安だと思いますが最初はだれでも初めてです。皆さんが力を発揮して活躍してくれることを期待しています。人が力を発揮する原動力は「誰かのために」という想いが大切です。今までは「友達のために」「家族ために」が多かったと思いますが、来春からは「お客様のために」「会社の仲間のために」「地域のために」とその領域も広がっていきます。「誰かのために」という想いは想像以上の力を発揮することができ、その努力が、知識や経験になり、やがて自分の成長のためになるときがくる。」

「私たちの基本理念には「人の役に立つ人になる」です。言葉は違えども、意味は同じですきっと現時点でも皆さんの努力や行動、そして存在自体が「誰かのため」になっています。残り半年の学生生活を楽しんで来春皆さんと一緒に働けることを今から楽しみにしています。」と述べられ、内定式で「採用内定書」を社長より内定者3名の方へ受け渡しました。

その表情は、緊張と期待が入り混じった面持ちでした。会長からは、ラグビーの【one for all all for one】という精神について述べられ「(一人はみんなのために、みんなは一人のために)、皆で目標に向かって頑張りましょう。」と頂きました。各部門長からも激励の言葉がありました。

内定式の後は、カフェレストラン セゾンで食事を取り人事部スタッフと懇談会を行いました。内定式を通して参加した方々とコミュニケーションを取ることで、仕事のことや日常会話などスタッフとの交流を通し安心してプラザスタッフとして働いていただけるよう取り組んでおります。学生の皆さんには、4月までの間充実した学生生活過ごしていただきたいと思います。そして来年春に一緒に働けることを楽しみにしております。