「絹の手織り ざざんざ織展」開廊のお知らせ

ギャラリーPLAZAからのご案内です。

11月28日(木)から12月1日(日)まで

平松久子様 主催の 「絹の手織り ざざんざ織展」が開廊します。

 

織物の街「浜松」で80年以上の歴史があるざざんざ織です。

使われている絹糸そのものが、ある時は「玉糸」、ある時は「手引き糸」。

これから引いた「紡ぎ糸」は太さ細さに変化があるので、糸自体が出すムラがざざんざ織の持ち味となっています。

植物染料を主体にゆっくりと手染めを行うことで独特な風合いになったものを、昔ながらの織機で織り上げています。

着物、帯、帯締め、マフラー、小物等、約200点展示販売されます。

 

明日26日(火)17時40分から放送のFM ボイスキュー

「パレット・アート・プラザ」

で詳しいお話を伺うことができます。

本展の開廊時間は10時から18時00分までとなります。

(最終日12/1は17時までとなります。)

お間違えないよう、お出かけ下さい。

皆様のご来廊をお待ちしております。