「鐵旅 駅の記憶 真覚精一写真展」終廊しました

ギャラリーPLAZAからのご報告です。

昨日6月22日(火)、真覚精一様主催の「鐵旅 駅の記憶 真覚精一写真展」が終廊しました。

会場には昭和時代の駅の写真から令和の現在の写真まで・・・が飾られました。

鉄道写真を撮り始めて50年以上という真覚様。写真を観るたびに当時の記憶が蘇えるといいます。

真覚様のお話しを聞きながらお客様もゆっくり写真を堪能されました。

たくさんのお客様のご来廊ありがとうございました。

足を運んで下さったお客様に感謝いたします。

今後も感染症予防及び拡散防止の為、館内衛生強化に努めてまいります。

皆様のご来廊ありがとうございました。

※今後のギャラリープラザの予定などホームページにて随時更新しております。

 ご確認いただき、是非お越し頂けますと嬉しく思います。